民話の時代、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東国征伐の折り
当地に寄り武尊山(ほたかやま)に上りました。病に伏せって困っていると、遙か下界より
白い鷹の飛び立つのを見つけ、その地に赴いてみると温泉が湧いていました。
そのお湯に浸かったところ病が治り、旅を続けることができたと伝えられています。
そのため宝川温泉はその昔、『白鷹の湯』(はくたかのゆ)と呼ばれていました。
宝川温泉がいつ頃から温泉として利用されていたかは、今のところはっきりした史実や遺跡は発見されていません。
しかし近くで縄文人の遺跡が発見されており、その時代から利用されていたのではないかと考えられます。
草津温泉などでも縄文の遺跡が発見されていますが、その地形や標高などから考えると、決して古代人にとって住み良い場所ではなかったと思われます。実際遺跡が発見されている事実から、古代人にとって温泉が非常に重要な役割を果たしていたのだと考えられています。お湯を沸かす技術はとても難しく、まして全身を温めることは、温泉を除いては不可能だったのではないでしょうか。
現代人と同じように、温泉は病を治す有効な手段であり、貴重なものだったと考えられます。
猿が学習によって温泉に浸かっている温泉地もありますが、その姿が古代人のそれに重なって見えます。
宝川温泉の名前は、旅館を分けて流れる一級河川宝川に由来しています。
宝川とは文字通り、宝がとれる川の意味で、昭和の初めまで銅山として採掘が行われていました。
古くは江戸の昔から、掘られていたと思われます。
宝川温泉が現在のかたちになったのは大正時代で、そのころに湯治場としての宿泊施設が作られています。
しかし当時は交通の便が悪く、水上から徒歩でこの地を訪れていた。
当時の産業は林業しかなく、材木を引き出すトロッコが唯一の交通手段でした。
現在のように発展したのは、昭和20年代後半から始まる一連のダム工事によって道路が建設され電気が通るようになってからです。
昭和30年に約2年の大工事により、現在の本館が造られ温泉旅館としての形が整い、次々と施設が作られていくようになりました。
繧、繝ウ繧ソ繝シ繝阪ャ繝井コ育エ
螳ソ豕頑律縺九i莠育エ
ソスvソスソスソスソスソスソスソスソス\ソスソス
ソスソスソスソスtソス}ソスbソスvソスiPDFソスj
ソスソスソスソスソスフ包ソス温ソスソス
ソスハ真ソスソスソスンゑソスソスvソスソスソスワゑソス
ソスソスソスモ観鯉ソスソスiソスワるごソスニ撰ソスソスソスj
ソスソスハ案難ソス
ソスVソスCソスHソスハ擾ソスソス
ソスンなゑソスソスン抵ソスソスマ鯉ソスソスソスソスソスンなゑソスソスンパソス[ソスtソスFソスNソスgソスKソスCソスhソスソスソスCソスソス
JRソスソスソスソスソス{ソス_ソスCソスiソス~ソスbソスNソスソスソス[ソスソスソスpソスbソスN
縺医″縺ュ縺」縺ィシ矩ァ繝ャ繝ウ繧ソ繧ォ繝シ繝励Λ繝ウ
險ュ遶25蜻ィ蟷エ險伜ソオ25%迚ケ蛻・蜑イ蠑
螳ソ豕頑命險ュ縺ォ繧ア繝シ繧ュ繧偵♀螻翫¢